安い!早い!簡単!名刺の印刷・作成は
データ入稿専門の名刺良品へ!

データ作成について

データ作成について

Q

オーバープリントとは

A

印刷の際の「他の色に対して、色をのせる」設定を指します。
主に、オフセット印刷などの版を使用した印刷で使用されます。

意図しない部分にオーバープリント設定がされていると
イメージ通りの仕上がりにならない場合があります。

ご入稿データのオーバープリント設定に関して
意図されたものか、そうでないかの判別がつかない点と
設定を解除することでデザインが崩れてしまう恐れがある点から
弊社ではそのまま印刷を行っています

恐れ入りますが、意図しないオーバープリント設定がないか
入稿前にご確認をお願いいたします。

【関連ページ】
名刺良品Blog:オーバープリントについて

【乗算とオーバープリントの違い】
乗算効果とオーバープリント

Q

版ズレとは

A

印刷の際に、色の版がズレて出力されてしまう現象を指します。
リッチブラック』などの「複数の色をかけ合わせた色」を
印刷する際に、まれに生じることがあります。

各色の印刷位置が微妙にズレることが主な原因で、文字や線の
輪郭がぼやけたり、画像がブレたような仕上がりになります。

特に、細い線や小さい文字は複数の色を乗せづらく
版ズレが生じた際に特徴が顕著に現れるため
可能な限り単色を使用することを推奨しています。

★オンデマンド印刷機器の出力精度の都合上、版ズレを
完全に防ぐことはできないため、程度によっては
再印刷などの対応が難しい場合があります。

Q

リッチブラックとは

A

K(黒)に他の色(CMY)を加えて表現した黒色を指します。

K単色よりも深みが出ますが、全ての色の濃度を高くすると
その分、印刷時に使用するトナーの総量が多くなるため
「トナー剥がれによる汚れ、裏移り」などの印刷不良につながる恐れがあります。
また、まれに『版ズレ』が生じる場合があります。

弊社では仕上がりの保証ができないため
ご使用の際はCMYKの総量などに注意してください。

Q

レジストレーションカラーとは

A

トリムマーク(トンボ)に使用される
CMYK全てが100%ずつ掛け合わされた特殊な色を指します。

印刷データに使用すると、トナーの総量が多くなることで
「トナー剥がれによる汚れ、裏移り」などの印刷不良につながる恐れがあります。仕上がりの保証ができないため、トリムマーク以外に使用しないようご注意ください。

Q

薄い色のデータにご注意ください

A

薄い色のデータはかすれたり、視認しにくくなる場合があります。

印刷物は「網点」とよばれる小さい点の集合体で表現されています。
網点の密度は、濃い色ほど高く、薄い色ほど低くなります。

密度が低くなると、網点の隙間から用紙の地が見えやすくなります。
特にCMYKの値が「10%以下」の色は、モニター上では確認できても
印刷を行うと用紙との色の差が明確に出ず、かすれて見えたり、視認しにくい状態となる恐れがあります。

Q

細い線(ヘアライン)にご注意ください

A

ヘアラインとは「線」ではなく「塗り」で作成された線のことです。

画面上では見えていても、印刷時にほぼ出力されないほど細いデータのため、ヘアラインで作成されているデータは「線」に変換することを推奨しています。

【関連ページ】
名刺良品Blog:ヘアラインについて

Q

入稿データを作成してもらうことはできますか?

A

一からのデータ作成や、データの編集などには対応していません。

弊社のデータ入稿サービスは、Illustratorで作成された
入稿データをそのまま印刷するものとなっています。
データ作成が難しい場合は『オンライン名刺』をご利用ください。

お手持ちの名刺の再現等は、弊社別サービスの
名刺良品Biz』でしたら対応可能な場合があります。
窓口が異なるため、リンク先よりご確認・お問い合わせください。

【関連ページ】
ご利用ガイド:はじめての方へ
ご利用ガイド:ご注文の流れ

カテゴリーから探す

お問い合わせ

上記に無いご質問につきましてはお問合せフォームよりご連絡ください。
【営業時間】平日10:00~18:00
※土日、祝、当社指定休業日は除きます。
※営業日の確認はこちらよりご確認ください。